FC2ブログ

おーい、とらちゃん出番だよ!

みんなを優しくする魔法の言葉「ありがとう~♪」v(・∀・)v



匿名座談会 現役外科医ほか 医師・看護師がホンネをぶつけあった 手術の謝礼 医療過誤 患者のみなさんこれが病院の現実です。(らしいよ、。。)

医療
病院1

 
ご訪問ありがとうございます!


「ブログランキング」参加中!
「ポチッ!」をヨロシクです!






■2013年01月03日(木) 週刊現代
匿名座談会 現役外科医ほか 医師・看護師がホンネをぶつけあった 手術の謝礼 医療過誤 患者のみなさんこれが病院の現実です
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34041

インフォームドコンセントにセカンドオピニオン。患者の権利拡大を受け、両者の間に横たわる溝は埋まりつつある—かに見えた。だが、それは誤解だった。患者には言えない医師のホンネを取材した。

外科医はやっぱり手術好き

患者の生殺与奪の権利を握る、限りなく神に近い存在、それがドクターだ。
ヴェールに包まれた「病院の真実」を知らせるべく、大手総合病院のベテランA氏、私立大学医学部附属病院に勤めるB氏、東京近郊の病院院長のC氏ら外科医3名と大学病院の現役看護師が語り尽くした。
     *
医師A 確かに患者さんからしたら、医者は神様に見えるかもしれませんね。命を助けてもらうには、医者にすがるしかないわけですから。ですが、そんな気持ちにつけこむ悪魔がいることを読者の皆様には知っておいてほしい。

 —どういうことですか。

医師A 関東のある公立病院の患者さんが担当医に「心臓の弁が悪い。弁の置換手術を行わないといけない」と言われて、ウチに来ました。「心臓手術なら一度、Aさんに相談しよう」と何の気なしに訪ねて来られたんですが、診てみると、これがどこも悪くない。

看護師 ええ?

医師A もしウチに来てなければ、心臓にメスを入れられていたでしょう。同じケースが他の公立病院でも報告されていましたが、そちらの患者さんは亡くなってしまった。恐ろしいのは、病気かどうか診断できない低レベルの病院でも、年間数十件の手術をこなしているということ。なぜか。手術なんてしなくていい患者まで手術台に乗せているからです。外科医や病院の実績作りのため、〝手術患者〟が作られている。医者にとって、患者は思い通りにできる存在だということ。

医師B 「今月は手術が少なかったからやっとくか」というノリでしょう。病院といえど、カネ儲けしないと潰れてしまいますからね。

 —がん手術の場合、外科医や内科医、麻酔医らが集まって治療方針を協議するカンファレンスが行われますよね。一人の医師の判断では手術できないんじゃないですか?

医師A ガイドラインで「こうなったら手術する」というルールが示されてない病気の場合、経過観察するか切除するか、医師の判断に委ねられるケースがあります。判断者が外科医なら、必ずしもベストじゃなくても手術を勧めることはあるでしょうね。

医師B 手術をしなけりゃ外科医じゃないですからね。

医師C 患者が糖尿病を持ってたら最悪です。私は全力でオペを避けますね。感染症を起こしたり、傷口が塞がりづらくなったりと色々面倒くさいうえ、たいていメタボでしょ?

 脂肪がタップリついていて、手術がやりにくいったらありゃしない。患者さんの体型によって、手術するかどうかを決めるのもおかしな話なんですが、やっぱり太っている人の手術はリスクが高い。誤解を恐れずに言えば、メタボは自己責任。我々、医師に結果責任を負わせるのはスジ違いです!

看護師 できる先生は咆えないもんですよ(笑)。オペにムダが無い人は、ムダに感情を動かしません。穏やかで冷静です。

医師B でも、脂肪をどかせてメスを入れなきゃいけないから、メタボの人の手術では神経を使うのは確か。

いくら払えば手術するのか

 —医療の世界は〝売り手市場〟という印象です。だから少しでも腕のいい名医に診てもらおうと、謝礼を包む患者が後を絶ちません。実際、謝礼をもらうと対応が変わるものでしょうか。

医師B 謝礼を払ったほうが手術が上手くいく、なんてことは2000パーセントない。もらっちゃうと手術のとき、よけいに緊張するからイヤだ、という先生がいるくらい(笑)。

 —知人の元外科医は「手術手技は病気ごとにだいたいパターンが決まっている。手術後、患者さんが健康であるかどうかは、外科医としての技量評価の対象になる」という二つの理由を挙げて、「謝礼の有無で手を抜くという話にはならない」と言っていました。

医師A そもそも、私立病院以外は謝礼をもらってはいけないと、明文化されていますしね。

医師B でも個人的には、外科医はインセンティブ(報酬)があっていいと思います。じゃないとモチベーションを保てませんよ。大学病院じゃ、毎日外来で患者を診て、手術をドンドンやっても、給料は変わらない。夜勤手当は一応あるけど、ありゃ〝誤差〟ですね(笑)。救急も心療内科もほとんど変わらないんだから。給料の話なら、朝まで語れます!

看護師 私たちもルールとしては、お受け取りできないのですが、病院の購買部を通して「○○科の皆さんへ」と物品を贈られることがあります。そこまでされると受け取るしかないじゃないですか。おカネをいただいた際は『病棟費』に充てています。スタッフの送別会の花束を買ったり、みんなのために使います。

医師C しかし、こんな話を聞くのも事実。心臓バイパス手術を得意とするスター教授がいますけど、ありゃカネの亡者ですよ。

医師A ○○先生?

医師C そう。あるとき、60代の男性患者が教授の名声を聞いて、バイパス手術をお願いしに行った。患者の妻は診察の際に50万円渡したそうです。するとその教授、封筒の中を一瞥して「ケタがひとつ足りないね」。どうしても教授に執刀してほしかった夫婦は、さらに夫の退職金から100万円を渡した。すると、それまでまったくメドが立たなかった手術の日程がすぐに決まった。

 —不思議ですね(笑)。

医師C オペ自体は無事成功したものの、夫婦が教授の顔を見たのは、手術の日が最後。それ以降、退院まで部下の医師が担当したそうです。この教授、都内の高級住宅地に建てた200坪の豪邸に住んでいますが、〝謝礼御殿〟と言われていますよ。

医師B 謝礼といえば、忘れられない思い出があります。ちょっと長くなりますけど、いいですか?

 —どうぞ。

医師B 50代の進行性の胃がんを患った女性で、脾臓、小腸など全身に転移していて、どの病院からも「手術は難しい」と匙を投げられた人がいました。でも、本人はどうしても手術をしたい。夫婦で来院した際、ご主人はこう言いました。

「やってくれるなら、このおカネを全部提供します」
 差し出されたボストンバッグには1億円の札束が詰め込まれていました。

一同 ・・・・・・!(絶句)

医師B 女性のほうも「抗がん剤治療はイヤ。たとえ成功率が1%でも、手術をして!」と言う。

「がんを取ったところで、3ヵ月もすれば腹水が溜まって再手術になりますよ」
 と何度念押ししても、
「やっと手術をしてくれる先生に会えた」
 と夫婦は私を見ながら手を合わせている。

医師C で、1億円は受け取ったんですか?

医師B さすがに1億円の札束は見たことなかったから動揺したけど、もちろん受け取りは拒否しました。そして初診から2週間後に手術。1ヵ月後には退院し、女性は歩けるまでに回復しました。そうはいっても、元気に歩けるのは1~2ヵ月。間違いなく病院に戻るハメになります。

手術実績の「水増し」

 —そうまでしてなぜ、彼女は手術をしたがったんですか。

医師B 退院後、診察に来た彼女はこう言いました。

「私には子どもが3人いて、成人しているけど、まだまだしてやりたいことがある。抗がん剤治療で延命できたとしても、副作用で何もできないでしょ?それより、ほんの短い間でも、手術して動ける時間がほしかったの。限られた命なら、そう使いたかった」
置いていった菓子折りの中に50万円入っててね。次の診察のときに返そうとすると、「だったら研究費として病院に寄付したい」と。

医師A 研究費か。そこまで言われると無下に返せませんよね。

医師B 手術から3ヵ月後、彼女が救急車で搬送されてきました。腹水がたまって、息が苦しそうで・・・・・・。私は余命1ヵ月と診断しました。そして、「家で最期を迎えたい、家族に囲まれていたい」という申し出を受け入れ、退院させました。それでも、彼女は退院から3ヵ月生きた。亡くなる日の前夜まで自力でトイレに行っていたそうです。

 —先生の診断よりも長生きした。

医師B 後にご主人が挨拶に来られて、また菓子折りを置いていきました。今度は200万円入っていて、添えられた手紙にこう綴られていました。

〈おカネで解決できることではないことは知っています。しかし、私たちの感謝の気持ちを表すことはこれしか考えられませんでした。また研究費として寄付させてください〉
 有り難く、受け取らせていただきました。

 —患者にとって何が治療なのか、考えさせられる話ですね。一方で思うのは、謝礼を受け取るだけの価値がある外科医がどれくらいいるのか、ということ。

医師C 助手として手術室にいただけのオペを〝実績〟としてカウントしてる者はザラ。ペースメーカー埋め込みや心臓カテーテル検査のような補助的な作業も心臓手術としてカウントし、症例300だ、400だと謳っている悪質な外科医もいます。ホームページに記載された実績を鵜呑みにしてはいけない。

医師A なぜそんなことが起きるのか。日本ではなかなか経験を積めないからです。慢性的に看護師が不足しているため、医者が手術スタッフをやらざるを得ない。医師はラーメン屋とは違い、一緒に働いていればいずれ店長—専門医になれるわけではないんです。術者として100~150例の手術をこなさなければ一人前にはなれない。大学病院は年間約200件の手術を行いますが、医師が15人いれば年間10件ちょっとにしかならない。つまり、専門医になるのに5年~10年かかるわけです。

 —深夜に救急車で大学病院に運ばれたとき、そういう経験のない当直医に当たったら最悪ですね。

派閥争いで赤ちゃんが死んだ

医師A 残念ながらこれは大学病院だけの問題じゃありません。開業医を集めた認知症の講演会に出席したときのことです。認知症の患者さんをたくさん抱える病院の専門医が司会をしていたのですが、なんと彼、こうのたまったんです。

「患者さんには認知症薬を使ってますが、私は素人でよくわからない。MR(医薬品メーカーの医薬情報担当者)さんの言う通りにクスリを減らしていけばいいんでしょうか」
 何のことはない。門外漢である脳外科の先生が認知症患者を診ていたんです。

医師C 兼業で小児科をやってる開業医も多い。

医師A 診療報酬が高いですからね。話を聞くだけで5000円でしょう?

医師C ただ、診察はするけど検査はしない。検査会社に払う料金が高く、赤字になる可能性があるから、他の病院に回す(笑)。

医師B 呼吸器内科の専門医がいない病院が肺気腫の患者さんを診てることも。開業医だからといって経験豊富なわけではない。ようはどの医者を選ぶかです。

 —医療過誤が後を絶たないわけですね。

医師C 千葉の病院でしたか、腹痛を訴えて駆け込んできた患者を虫垂炎と診断。開腹して切りとってみたら虫垂炎じゃなかった、というケースがありました。戻すに戻せないので、この医者は開き直った。虫垂は切っても問題ない。どうせ病気かどうかなんてわからないだろうと考え、「キレイに取れましたよ!」と患者さんに虫垂を見せたのです。「ありがとうございます」と感謝されたんだとか。

医師A ガーゼを患者さんの体の中に忘れるミスはわりとポピュラーですね。たいてい、患者さんが「患部が痛む」と病院に来られ、そこで取り出すことになります。患者さんには「異物が詰まっていたようです」などと、それらしい診断結果を告げておしまい。

医師B 研修医もやらかしますよね。これは大学病院で起きた話ですが、ある夜、頭痛と高熱、吐き気を訴えて子どもが担ぎこまれてきた。上司の見立ては風邪。しかしその研修医は髄膜炎を疑い、ルンバール(腰椎穿刺)をやりたいと直言。腰骨に穴を開けて、針を刺し、骨髄液を採取するという大掛かりな処置をしたんですが、やっぱり風邪でした。

 —腰骨に穴を開けておいてですか?

医師B しかも、ルンバールは感染症にかかるリスクがあり、死亡例もあるんですが、当然、その危険性も誤診も家族には説明されていませんでした。

医師A 病院内の派閥抗争に患者さんが巻き込まれるという悲劇もありました。ある病院の産科での話です。当直日に患者さんが陣痛で入院。帝王切開が必要でしたが、自分の班(派閥)の担当の患者さんではないため、当直医はなんと帰ってしまったんです。

看護師 信じられない。

医師A 翌朝、担当の産科医が来て患者を診て驚いた。もう帝王切開も無理な状態になっていたので、下から分娩させたんですが、無理に引っ張り出したせいで、赤ちゃんは亡くなった。遺族には死産だったと説明したそうです・・・・・・。

看護師 医療過誤のリスクは医者や看護師が個人で負わないといけない。私はとにかく、細かく記録することにしています。○時○分、何の薬を使って、そのときの血圧はいくつだったなど。医療従事者用の保険にも入っています。

患者のみなさんにも、わが身を守るためには病院で起きたことを細かくメモしておくことをお勧めします。
「週刊現代」2012年11月17日号より


  医者によりけりだってことだよね。
  良い病院にあたるより、
  良い医者に当たればラッキーだと思うわ。





関連記事
Newer EntryNYタイムズが社説で歴史否定の「重大な過ち」だとアベシを批判、 Older Entry2013年01月01日放送 「志村&所の戦うお正月2013」 芸能界(秘)ライバル激突 ! 仁義なき頂上決戦!!

Comments



 

 

« »

02 2020
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
時間が経つのが早いね!

ご訪問ありがとうございます!
 
 
ブログランキング参加中!
ブログランキング参加中!

Fc2アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
 
 
災害復興支援情報/共に生きる
 
 
 
検索フォーム
 
 
プルダウンリスト
全タイトルを表示

 
 
美空ひばり様 『関東春雨傘』
 
 
Miss Diana Ross

Live In Tokyo, Japan 1996
(Full Concert)
 
 
「歌舞伎・俳優祭」 月光姫恋暫
 
 
桂米朝師 「芝居噺・本能寺」
 
 
三遊亭圓生師 「居残り佐平次」
 
 
古今亭志ん朝師 「火焔太鼓」
 
 
鉄オタ・鉄道リスト一覧!
 
 
阪神淡路大震災25年
 
 
 
 
 
お勧め出版社の本
20140525清少納言・枕草子 s-樋口一葉 s-鋼の女(はがねのひと)小林ハル

s-井深八重の生涯に学ぶ s-緒方貞子 私の仕事 s-ガザに地下鉄が走る日

s-s-美空ひばり&竹中労 定本 s-美空ひばり恋し お嬢さんと私 s-20131220美空ひばり
アフィリエイト広告ではありません!
 
 
ノンフィクション・ブック
アフィリエイト広告ではありません!
 
 
ブログを「ご紹介」します!
 
 
 
ご用があればどうぞ・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
Q R コ ー ド 
QR
 
 
免責事項
当サイトの記事&動画は全て無料で「資料」として掲載しています。記事&動画の違法アップロードなどを推奨・援助を含め著作権侵害を助長する行為は一切していません。記事・動画像等全ての知的所有権は著作者・団体に帰属しています。当サイトを利用した事でいかなる損害が生じても管理人に責任は無いモノとします。    尚、動画のアップロード・削除依頼等は 各動画サイトへ直接お問合わせ下さい.